ゲイ

ゲイがおすすめ!ストーリーが面白いBLランキング!1位はリアル

2022年1月6日

ゲイ おすすめBL

青ブログ

元ナイモン人気ユーザー。ゲイアプリ歴5年目。実際にマッチングアプリを使った実体験やゲイとの交流・ゲイ験をベースに、記事を書いています。

ゲイがおすすめするBL漫画

ストーリーが面白いBLが読みたいゲイのみなさん。

腐女子、腐男子のみなさんもこんにちは。

BL漫画が好きなAoiです

今回は『ゲイの視点でストーリーが面白いと思うBL漫画』をランキングで3冊紹介します。

変態BL漫画はこちら

ゲイがおすすめするエロいBL漫画ランキング3選!ド変態注意

続きを見る

ストーリーが面白いBLランキング

ゲイがおすすめするストーリーが面白いBL漫画はこの3冊だ!

ストーリーが面白いBL漫画

1位のクオリアは特にリアルで、良い意味でBLって感じがしない

3位:ギヴン

ギヴンはバンドグループのBL物語

物語は主人公の真冬(まふゆ)が上ノ山にギターを直してもらうところから始まる

好きだったはずのギターも、おもしろかったはずのバスケも、くすんで見え始めたある日。上ノ山は、壊れたギターを抱えた真冬と出会う。ギターを修理してやったら、途端に懐かれるが、偶然聴いた真冬の歌が、上ノ山に刺さって――。

【引用】ギヴン

ギヴン 試し読み

試し読みできます

ギヴンは結構・・・シリアスなストーリーです。

ただ男同士でヤルってBLじゃなくて普通にヒューマンドラマ

で、真冬と上ノ山だけの話じゃなくて、同じバンドグループやそれぞれの昔の関係なども絡んできて、世界が広い。

ちなみにアニメ映画化もされています

※ノイタミナで初のBL作品

※映画はアニメの先かつ、真冬と上ノ山以外のキャラ(同じバンドの春樹と秋彦)がメイン

結構ね、熱いストーリーですよギヴン

BLというよりも青春・スポーツ物って感じ。それくらい音楽への熱が強い。

BLのセクシャルの要素もちろんある。だけどそれ以上にキャラが1人の人間として、その世界で確かに生きてる。

2位:テンカウント

テンカウントはギヴンと比べるとだいぶBL感・セクシャル要素が強い

潔癖症の社長秘書・城谷は偶然出会ったカウンセラーの黒瀬から、潔癖症を克服するための個人的なカウンセリングを受けることになる。10項目を1つずつクリアする療法を進めるうち、次第に黒瀬に惹かれていく城谷だが……?

【引用】テンカウント

つまり患者と先生という関係なんですよね

試し読みできます

テンカウントはまず絵が綺麗で、エロチックです。

それでもエロだけじゃなくてストーリーが面白いのはテンカウントのタイトル通り、10の項目があるから。

潔癖症を克服するための言ってしまえばミッションがあって「最後どうなるんだろう」と、続きが気になる。

巻を増すごとに2人の男同士としての関係が盛り上げるのもテンカウントの見どころ

潔癖症なのに体をどんどん支配されていく感じが見ていてエロいですww

1 位:雪の下のクオリア

雪の下のクオリアは短編漫画なので1巻完結なんだけど、読み応え・完成度が、も~~~~すごい

雪の下のクオリアはノンケの明夫と遊び人ゲイの海という関係なんだけど、読んでて感情が忙しいです

草木が好きで人嫌いな小林明夫。同性と一度きりの関係を繰り返す大橋海。
二人は同じ大学で同じ学生寮だった。

海が明夫に懐き、明夫も少しずつ海に気を許すようになっていく。
だが、ある日、海は明夫に「先輩は寝なくても一緒にいてくれるから優しいです」と言う。
明夫はそんな海のことが理解できなくて……。

好きになった相手に愛されたい。そう思っているのはどちらだったのか?

【引用】雪の下のクオリア

一見ミスマッチな2人なんだけど、人への興味を失った明夫と、愛を探している海の2人は似た者同士というのが中盤でわかる

試し読みはこちら

雪の下のクオリアは、ゲイの海をリアルなゲイとして描いていると感じた。

ゲイならではの苦悩・生き辛さを超リアルに描いている

でもその苦悩だったりは別にゲイじゃなくても(明夫も)抱えていて、人間としては本来大差ないよねって描いているのが考えさせられる。

1巻だけでここまでストーリーが面白い漫画はBLとか関係なく珍しい

まとめ:雪の下のクオリアはリアル

まとめ

チェリまほの感想

チェリまほの感想
ドラマチェリまほを見たゲイの感想。開始7分でハマる爆笑コメディBL

続きを見る

泣けるBL小説はこちら

今日の人気記事TOP10

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

青ブログ

元ナイモン人気ユーザー。ゲイアプリ歴5年目。実際にマッチングアプリを使った実体験やゲイとの交流・ゲイ験をベースに、記事を書いています。

-ゲイ
-,

次の記事
次の記事