【 はじめての人へ 】あおブログの操作方法
5分で読める『#青アオあおブログ』

【初心者向け】仮想通貨の買い方5ステップ。おすすめの買い方は〇〇【スマホでOK】

投資・副業

仮想通貨取引をしていますあおいです。今回は──

【2020年】初心者向け!仮想通貨の買い方5ステップ【スマホでOK】という記事。

本記事の内容

  • 仮想通貨の買い方
  • 仮想通貨を現物、先物どちらで買うか
  • 仮想通貨はどれを買う?
  • 仮想通貨はどれくらい買う?
  • 仮想通貨の買い方まとめ

GMOコインというアプリを使って僕は仮想通貨の取引を行っています。たまに様子もツイート↓

仮想通貨投資の始め方はこちらで紹介中↓

ちなみにこの記事の中でいう仮想通貨とはビットコインのことになります。ここでは仮想通貨=ビットコインと思ってくださいww

仮想通貨の買い方

スマホを見てにやにやする男性

仮想通貨の買い方ですがイメージとしてはコンビニで物を買うように買えます。手順でまとめるとこんな感じ↓

  1. 仮想通貨取引のアプリを開く
  2. 現物か先物を決める
  3. 買う仮想通貨を決める
  4. 買う枚数(金額)を決める
  5. 決定して購入完了

仮想通貨はこの5ステップで買えます。なれてしまえば時間にして1分もかからないかなと。

仮想通貨を買うこれらのやりとりはすべてアプリで行うのでスマホさえあれば仮想通貨買えるんですよ。だからまだ仮想通貨を買ったことがないあなたも口座を開設してアプリを入れれば買えちゃいます。

口座開設は下記の公式サイトから↓
GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

口座開設は早くて2週間。遅くても1ヶ月で完了するので最速で2週間後にあなたは仮想通貨を買って利益を出しているかも!?

仮想通貨取引の口座開設までの4ステップ

口座開設と聞くと面倒に感じる人もいるでしょう。しかしやってみると超簡単。

仮想通貨取引の口座開設までは4ステップで完了します↓

  1. 証券口座開設のサイト(アプリ)を開く(GMOコインなど)
  2. 申し込みフォームに行き個人情報を入力
  3. 本人確認書類(免許証、保険証など)を画像で送信
  4. 証券口座の審査結果を待つ

審査は職業よりも借金や未納のお金がないかが重要。基本的には通るかなと。

僕のおすすめのGMOコインはこちらから様子を見れるのでのぞいてみては?w
【GMOコイン】

GMOコインはセキュリティが特徴の取引所です。

仮想通貨を買うのは両替のイメージ

両替のイメージ

仮想通貨を買うのは両替のイメージかなと僕は感じています。普通は物を買ったらお金はなくなりますよね。ですが仮想通貨は通貨同士を両替している感覚に近いです。

仮想通貨を1000円分買うとなると円を¥1,000円分の仮想通貨に両替しているイメージ。そのためやっぱり¥1,000円に戻したいなと思ったら、仮想通貨を売ることで¥1,000円分の円に戻せます。

購入した仮想通貨を現金に戻すことを「売却」と言う

仮想通貨はどこで買うのか

ドキっとする女性

仮想通貨は「販売所」と呼ばれる場所で購入できます。

場所と表現しましたがどこかに店舗があるわけではないので足を運ぶ必要はありません。販売所は仮想通貨アプリ内にあります。

家で風呂に入りながら、YouTubeを見ながらでも仮想通貨は買えちゃいますww

仮想通貨を現物、先物どちらで買うか

キメ顔の少年

仮想通貨には2種類の買い方があります。それが仮想通貨を現物、先物どちらで買うか問題。初心者の方が一番悩む買い方はここだと思います。

そもそも現物、先物ってなんやねん?というと↓

  • 現物:両替のイメージ。指定した金額分仮想通貨を買える
  • 先物:いわゆるトレード。FX。口座内のお金よりも多くの仮想通貨を買える

現物はシンプルな購入先物トレード(FX)。初心者の方はだいたいこんな認識でOK。じゃあどちらで買うかというとおすすめの買い方は現物。その理由は単純にリスクが低いから

とりあえず現物(購入)と先物(トレード)をざっくり説明しますね。ちなみに僕はどっちもやっています!

仮想通貨の現物取引とは?

仮想通貨の現物取引とは?──円(法定通貨)で仮想通貨を購入すること

現物取引は先述した通りシンプルに仮想通貨を購入することです。僕は両替のイメージ。

販売所で仮想通貨を購入して、必要であれば販売所で仮想通貨を売却します。安い時に仮想通貨を買って高くなったら売るというシンプルな投資スタイル。なので初心者にはこちらがおすすめな買い方になります。

仮想通貨の先物取引とは?

トレードは少し複雑なので気になる人だけ読んでください
驚く女性
仮想通貨の先物取引とは?──いわゆる「トレード」とい「FX」のようなもの。口座に¥1,000円しかなくても¥10,000円分の仮想通貨を買って売ることが可能な買い方です。

一見怖いように感じるかもしれませんが立派な投資方法の1つなので安心してください。

先物取引(トレード)と現物取引(購入)の主な違いは4つ↓

  1. 口座内のお金を失うリスクがある
  2. 値動きを注視する必要がある
  3. 口座内にある金が以上に仮想通貨を買える
  4. 仮想通貨を買っていなくても売ることができる

さらにそれぞれを掘り下げると脱線するので別の記事で紹介します(記事執筆中)

ようするにリスクが現物より高い──けれど、リターンも高い買い方です。

仮想通貨はどれを買う?

床にふせる犬

仮想通貨はどれを買う?──答えはビットコイン1択。良い子はビットコインを買いましょうwちなみにビットコイン以外の仮想通貨のことを専門的にアルトコインと言います。

ではなぜアルトコインを無視してビットコインなのかというと〝需要が高いコインだから〟です。そして今後価値が10倍になると言われています。ドイツのバイエルン銀行の試算では2020年にその価値が現在(90万円)の10倍になるともww

もちろんアルトコインを買っても良いですが、なんとなくで資産を分散するよりはビットコインに一点集中が初心者は一般的です。

仮想通貨はどれくらい買う?

たくさんのビットコインの画像

仮想通貨はどれくらい買うか。無理のない範囲で投資してくださいとしか言えませんww お試しで1万円〜10万円が一般的ですかね。

ちなみに僕の考えでは1ビットコインの価値が100万円以下なら買い時と見ています。

仮想通貨投資は安く買って高く売る。これだけです。買える時に買える分、仮想通貨を買っておきましょう。

仮想通貨の買い方まとめ

最後に記事をまとめます。

初心者向け仮想通貨の買い方まとめ

  • 仮想通貨取引用の口座はスマホで開設可能
  • 仮想通貨は現物取引がおすすめの買い方
  • 仮想通貨はビットコインを買う
  • 仮想通貨は買える時に買える分買う
  • 仮想通貨は安く買って高く売る


 
仮想通貨FXも【GMOコイン】

投資初心者の方で「そもそも何の投資をすれば良いか迷っている」人はこちらをどうぞ↓

ここだけの話、日本の不動産投資は今はやめた方が良いですよ。

タイトルとURLをコピーしました