青アオあおブログ名物記事3選

3日で会社を辞めた私が教える退職する2つの方法【ヒント:シンプル】

退職・転職
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

かつて3日で会社を辞めたあおいです。

今回の記事は『3日で会社を辞めた私が教える退職する2つの方法【ヒント:シンプル】』というテーマです。

記事の内容

  • 3日で会社を辞めた私が教える退職する2つの方法【ヒント:シンプル】

記事を参考にしてほしい人

  • 絶対に退職したい人

記事のネタバレ

  • 退職はただ言うだけ
  • 退職代行サービスを利用するのもあり

下の記事でも退職について書きました。

なのでこの記事ではもっと実践的に「会社を辞める方法や理由」について書いていきます。

結論から言うとみなさんご存知の通り『ただ言うだけ』です。

でもそのただ言うだけがなかなかできない。

そんな人の背中をこれから押して来月には新しい人生が始まっているようにします。

私と一緒に会社を辞めましょう!

スポンサーリンク

「辞めたい」という理由をまず確かめる

辞める前に冷静に自分を見つめ直しましょう。

まずは本当に辞めても良いのか考える時間が必要です。

せっかく会社を辞めたその後に後悔をしたくないですよね。

ですからちょっとした気の迷いなのか本気で辞めたいのか判断してください。

退職の意思があるなら即辞める

気がつけば辞めることばかり考えているならそれはもう辞めるべきです。

また、特別不満がなくても他にやりたいことが出来たなら退職がチラつきますよね。それも同じく気の迷いでないか分析します。

日を追うごとにやりたいことへの情熱が強くなったなら、そちらにチャレンジしましょう。

具体的な理由はないけれど「とにかく辞めたい」というのもありです。

辞めたい理由を確かめる

  • 本気で辞めたいのか自己分析
  • 辞めたい理由は何か
  • 辞めた後の行動が明確ならすぐ辞めるべき

退職の方法

シンプルです。ただ「辞めます」と伝えるだけです。

けれどこれがなかなか言えない。

なので今回は辞めますと伝える以外の方法を2つ紹介します。

退職方法1 『退職代行サービス』

おそらくご存知だと思いますがこういうサービスもあります。

どうしても上司の顔を見たくない。会社に行きたくない。

そんな方はこの手のサービスを使ってみてください。

お値段はかかりますが退職のために出勤せずに済むので安いです。

自分の代理人が全て会社とやり取りをしてくれるのでストレスもありません。

退職の書類などもちゃんと手続きをしてくれます。

精神的に疲れた方には特にオススメです。

退職代行サービス

  • 退職を代行してくれるサービスが存在する
  • 料金はかかるが人生を変えるためと思えば安い
  • パワハラ上司や会社ともう関わりたくないという人にオススメ

具体的な退職サービスについては下記でまとめています。

https://aoaoaoblog.com/resignation_for_man

退職方法2 『無断欠勤』

ぶっちゃけありだと思います。ただし条件があります。

それは『退職を拒否された場合』です。

またそれ以外でも着替えるのも嫌だ。疲れた。

頭が痛い。死にたい。

など、出勤する度にネガティブに潰さそうならとにかく休みましょう。

スマホの電源を切って外を散歩するか、家でゴロゴロでも良いと思います。

とにかく休んでください。そして次の日に『やっぱ会社嫌だな』って思ったら退職の連絡を入れるか、退職代行サービスを使用しましょう。

朝から電車に飛び込んで悲劇を生むくらいなら家で休んだ方がよっぽど良いです。

あなたの人生はまだまだこれからなのですから。

休むことで会社もこちらの本気度を認識する

会社としても出来るだけ問題を抱えたくはありません。

無断欠勤をする問題のある社員だと会社が認識すれば退職を認めるでしょう。

辞めることが前提の場合は検討してみてください。

無断欠勤

  • 会社が退職を認めてくれない時にオススメ
  • 死ぬほど辛い時も休みましょう
  • あなたの健康が何よりも大事

法律はあなたの味方

私あおいも会社を辞めたいというあなたの味方です。

しかしもっと心強い存在、法律さんがあなたの味方についています。

民法では労働者の退職願を拒否することは出来ません。職業選択の自由があります。

ですから堂々と『辞めます!』と言って良いんですよ。

退職は悪じゃない

退職も転職も何も悪いことでもないです。やましいことでもありません。

それでも辞めることに抵抗があるのはおそらく義務教育の時の刷り込みでしょう。

昔から辞めること=悪だと私たちは洗脳されています。

集団を裏切るような気持ちを持つのもそのせいです。

しかしそこで周りに合わせてしまったらあなたはこれからも嫌なことを続けなくてはいけません。

それで構わないなら良いですが、自分の人生を良くしたいなら嫌なことを辞めるしかありません。

辞めてはいけないことが人生では1つある

これだけ辞めろ辞めろ言っている私が辞めてはいけないことが1つあると思います。

なんだと思いますか?

この記事でも言いますがそれはそう、生きることです。生きることを辞めてはいけません。

辞める理由はあたなが生きるためでも良いじゃないですか。

自殺をするにはまだ早いです。

だっていきなり生きることを辞めるんじゃなくて、まずは会社から辞めれば良いんですから。

会社を辞めても人生はゲームオーバーではありません。リスタートです。新しい生活が始まるのです。

すぐに何かを始めなくても良い。

少し休憩してやりたいことが見えてきたら動きましょう。

会社や物事はなんども辞めて良いんです。

だってなんども辞めれられるってことはそれだけ何かを始めた証です。チャレンジャーです。

そして天職が見つかったらそれを続けていきましょう。

下記の記事でさらに掘り下げています。

退職する方法まとめ

  • どれくらい本気で辞めたいのか一度冷静になる
  • 自分のために辞める。他者のことは意識しない
  • 疲れたら休む。転職代行サービスを利用する
  • 生きることの前にまず会社を辞める

最後に一言

たかが仕事と退職も転職も気楽に選択しましょう。

タイトルとURLをコピーしました