青アオあおブログ名物記事3選

退職で人生が終わらない3つの理由。会社を辞めて人生を変える方法

退職・転職
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

3日で退職したあおいです。

今回の記事は『退職で人生が終わらない3つの理由。会社を辞めて人生を変える方法』というテーマです。

記事の中身

  • 退職で人生が終わらない3つの理由。会社を辞めて人生を変える方法

記事を参考にして欲しい人

  • 嫌なことを続けている人
  • 退職しようか迷っている人。

記事のネタバレ

  • 早く辞めた方が自分の人生のためになる

『辞める力で人生を変えよう』という記事です。

スルーで良いですが私は22歳の時にマジで会社を3日で辞めました。

その辺りの話も書いていきます。

スポンサーリンク

嫌なこと辛いことは辞めた方が良い1つの理由 

ずばり自分が健康に生きるためです。 

『耐えることこそ美徳』という価値観がこの国には根付いている気がしますが今は令和。それは古い価値観です。

例えば会社員なら今はがむしゃらに働いても、将来のポストのために耐えても、それに見合うリターンが必ずある時代ではありません。

好きで耐えているなら構いませんが嫌々働いて耐えているならそれは今すぐ、今月中にも辞めるべきです。

満員電車に揺られて毎日憂鬱になるならほんと、辞めた方が良いです。

耐えるのは健康に悪い

もしも耐える状態で働き続けたらメンタルがやられ、体調も悪くなるでしょう。

そうなる前に、健康の状態で転職を考えてみませんか。

今は転職が当たり前の時代。

あなたが働ける場所はきっと今の会社だけではありませんよ。

転職サイトを見れば絶対今より楽しく働ける会社が見つかると思います。

自分の為に会社を辞める

会社を辞めるには勇気がいります。入社したばかりなら尚更です。

しかし世の中にはそういった心理状態を利用して人を消耗品としか思っていない会社もあります。

自分のため、自分の人生のためと思って退職へ一歩踏み出しましょう。

民法では退職を拒否することは違法です。

法律があなたの味方についていますから安心してください。

辞められなかったら休む 

もしも会社に話を聞いてもらえない、退職願いを受け取ってもらえない。

労働監督署へ行くのもめんどくさい。裁判なんてしたくない。

そう思ったらもう、休みましょう。無断欠勤で良いんです。

「休んで良いのかな」と真面目なあなたは思うかもしれません。

しかしそうせざるを得ない状況を作った方に問題があります。

何も自分を責める必要はありません。

休むことで相手もこちらが本気なんだと気がつく可能性もありますからね。

休むことも辞める力の1つです! 

私は3日で会社を辞めました 

これは今だから笑って話せます。

しかし当時は笑うことはもちろん、自分自身かなり苦しかったです。

精神的にも肉体的にも。電車に飛び込もうと帰りに本気で思いました。

それくらいネガティブに潰されていましたが今は元気です!

3日で退職した理由

なぜ会社を辞めたのか。理由を言うと「イメージとかけ離れていたから」です。

詳細は言えないのですが例えると「渋谷がど田舎だった」みたいな。

行ってみたら「え、聞いてた話と違う」という感じです。

とは言うものの私も入社したくて就職したので出勤しました。

その結果わずか3日間でしたが、人生で最大に体調を壊しました。

早く辞めて良かった

私は一応運動をずっとやってきたタイプなので一般的な健康具合だと思います。

だからこそ体調を崩して自分自身驚きました。

この時初めて「仕事で体を壊すって本当なんだな」と認識したくらいです。

このまま続けたら年内いや半年、いいや3ヶ月で入院生活になるなと思ったのですぐに辞める連絡を入れました。

結果上司にめちゃくちゃに言われましたが「ああ、こんなことを言う会社なら辞めて正解だわ」と最後の最後で確信しました。

ほんと早く辞めて良かったです。

 ※正確には配属されてから3日で辞めています

退職で人生が終わらない3つの理由

私が3日で会社を辞めてどうなったか。とても健康です。花粉症に苦しむくらいです←

自分に向いていない物も把握できたので良い経験だったと思っています。

そんな経験があるので言えますが、明らかに仕事が原因で体調を崩したら「仕事を辞めた方が良い」と、体が言っているんだと思ってください。

理由1 働き方、生き方が多様な時代

もう一度言いますが今は令和の時代です。

働き方も生き方も多様化しています。

やろうと思えば個人でも収入を得ることもできるはずです。

昔の夢や、もともとやりたかったことに目を向けてみてはいかがでしょうか。

配信者なんかもそうですが新しい仕事が世の中には日々誕生しています。

「こんな仕事あるんだ!」と新しい発見もあるでしょう。まずはスマホで検索です。

理由2 会社を辞めたからって死ぬわけではない

辞めてもただリセットされるだけです。何もマイナスにはなりません。

スタート位置、なんならその少し前。場合によっては少し後ろに戻るかもしれまんがその程度ですよ。

またそこから一歩進めば良いのです。退職は人生のゲームオーバーではありません。

転職の際に退職の経歴をマイナスとみなす企業があればそこへ行かなければ良いのです。

大手ならまだしも今時そのように時代に適応できていない会社には行かない方が良いです。

理由3 生きているだけでも良い

日本の自殺者は全体で見ると減少傾向にありますが10〜30代で見ると増加傾向。

人生これからの世代の死因1位が自殺なのはG7内では日本のみ

※アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、カナダではいずれも事故が死因のトップ(2018年)

この記事で一番言いたいことは逃げて生きて欲しいということです。

命をかけてまで働くことはない

相変わらずこの国では中学生や高校生が自殺したことがテレビで流れます。

朝の通勤時間帯に電車に飛び込む大人もいます。

そういう情報を目にするたびに私は悲しくなります。

また、そういった人たちに「弱い」「迷惑」と言うこの国の人たちにも残念な気持ちを抱きます。

私も何度か生きるのが嫌になったことはあります。

でもそうなる度に元凶から逃げてきました。辞めてきました

この国ではそれが悪いと言われますが、死ぬよりはマシだと思っています。

学校が嫌なら休めば良いです。

仕事が嫌なら辞めましょう。

人生に疲れたならなにもせず横になりましょう。

私があなたを肯定します。

逃げること辞めることは良いと認めます。

だからどうか〝辞める力〟を持ってください。

生きていればいくらでもやり直せます。

今あなたがいる世界が全てではないはずです。

もっともっとたくさんの世界があなたを受け入れてくれますよ。

 退職で人生が終わらない理由まとめ 

  • 退職からの転職が普通の時代
  • 健康第一。体を壊すまで続けても何も残らない
  • 生きることだけは辞めてはいけません。

具体的な退職サービスについては下記でまとめています。

一言

人生に疲れた方は下記を参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました