【 はじめての人へ 】あおブログの操作方法
5分で読める『#青アオあおブログ』

猛暑対策は日傘!2016年から日傘男子の僕が日傘の効果を解説

日傘を差す男性の影感想・レビュー

日傘男子3年目のあおいです。

今回の記事は『猛暑対策は日傘!2016年から日傘男子の僕が日傘の効果を解説』というテーマです。

 

記事の内容

  • 猛暑対策は日傘!2016年から日傘男子の僕が日傘の効果を解説

記事が参考になる人

  • 日傘を使ったことがない人。特に男性

記事のネタバレ

  • 日傘を使わないのは損

日傘のメリット、デメリットを言っていくわけですが正直メリットの方が大きいです。

ぶっちゃけますとこの記事を読まずに日傘を買って太陽の下で差せばすぐに日傘の効果が分かります。

飲む日焼け止めについては下記でまとめています

日傘男子になった理由

スピーチをする男性のイラスト

スルーでも大丈夫ですがまずは日傘男子になった理由を紹介します。

ちなみにアイキャッチ画像の影は僕です。

僕が日傘男子デビューをしたのは3年前の2016年の6月。当時20歳。

その時に初めて買ったマイ日傘が下記です。

日傘の注文画面

日傘男子になった理由

理由はずばり猛暑です。

その年の夏もとにかく毎日暑い。日差しが強烈。

どうにか猛暑を対策できないもんかと・・・そうだ、日傘差そう

まるで京都に行くかのノリで試しに母の日傘を使ってみたところその効果に衝撃を受けました。

あれほど強烈だった日差しはどこへやら。暑さも確かに緩和されるのです。

日傘を差せば効果はすぐに分かる

考えてみれば当たり前ですが日傘って歩く日陰なんですよね。

自分がいるところ常に日陰なんです。

この時期外を歩いているとみなさん歩道では日陰を好んで歩きます。

狭い道だと遠慮した方は日向を歩かされます。

それくらいみんな日陰に非難するのはやはりそこが涼しいからですよね。

だったらもう日傘、差しちゃいましょうよ。

日傘のメリット3つ

メリットの文字イラスト

 日傘のメリットをざっくり下記にまとめます。

  1. 常に日陰を歩ける(自分が日陰)
  2. 紫外線をブロック
  3. スマホの画面が見やすい(歩きスマホはやめましょう)

「え、これだけ?」

そう思った方。

いやいや、この猛暑の中外で暑くないって最高のメリットですよ。

ただ傘をさすだけで嫌な暑さ、しつこい日差しとおさらばです。

こんな簡単に快適になれるんですよ。

メリット1 常に日陰をあるける

先述した通り日傘はあるく日陰。自分がいるところ常に日陰です。

日差しが強いとついつい屋根の下や建物の陰を歩きたいですよね?

しかし日傘ならそんなことを考える必要がありません。

どこを歩いても日陰ですからね。

メリット2 紫外線をブロック

日に直接当たらないので暑くないというのは当然ですが紫外線もブロックしてくれます。

紫外線に焼かれた肌の影響は歳をとると出始めます。

また髪の毛や眼球も紫外線によってダメージを受けます。

自分が健康でいられるためにも日傘をさして紫外線をブロックしましょう。

メリット3 スマホの画面が見やすい

スマホの画面が見やすいというのは現代ならではですかね。

日差しが強いと画面が見にくくなりがちですが日傘は日差しを無効化しますから、屋内のようにスマホなどを使えます。

ポケモンGOやドラクエウォークなどの位置ゲームをする方に日傘がオススメです。

ですが歩きスマホはやめましょう。

日傘のデメリット3つ

デメリットの文字イラスト

ここまで日傘をべた褒めしてきましたがここで日傘のデメリット。

というより日傘の残念なところを紹介します。デメリットも全部で3つ。

  1. 風に弱い(ほぼ差せない)
  2. 荷物が増える
  3. 片手がふさがる

デメリット1 風に弱い

雨傘にも言えることは日傘にも言えます。

残念ながら風が強い日は例え晴れていても日傘をさせません。

させなくもないですが危ないのでやめましょう。

良い天気なのに日傘をさせないとモヤモヤします。

デメリット2 荷物が増える

これもしょうがないことですが日傘をさすと日傘という荷物が増えます。

なくても問題ない物ですから荷物といえば荷物です。

この辺りは自身で相談して日傘を使うか、置いていくか決めましょう。

ただ夏場は猛暑対策として日傘を持っていた方が良いかと。

デメリット3 片手がふさがる

日傘をさすとどうしても片手がふさがりますね。

数秒なら肩と首で挟んで使うこともできますがずっとはできません。

なので買い物をする際は日傘の存在を覚えておきましょう。

ちなみに最近は背負うタイプの日傘もあります。

男性が日傘を差すのは恥ずかしい?

日傘をさす男性のイラスト

これはデメリットに書こうか悩みました。

それくらい男性にとっては恥ずかしさ一番日傘を差したくない理由だと思います。

日傘男子3年目の僕も最初は人からの視線が気になりました。

今はまだしも3年前の2016年は男性が日傘なんてかなりレアです。

恥ずかしさがどうでもよくなる日傘の効果

それでも僕が日傘を差せたのはそれを補うほどの日傘の効果を感じられたからです。

要するに猛暑を選ぶか恥ずかしさを選ぶかですよ。

日傘を差したことのない人は恥ずかしさの方が猛暑よりも強いでしょうが、日傘を差せばそれが逆転します。

まずは数歩から日傘を始めよう

ゴミ捨てに行く時でも良いですから試しに日傘を差して効果を感じてはいかがでしょうか。

もしも人前で日傘を差すことに抵抗があると言う方にはサングラスをオススメします。

人の視線が気にならなくなるので良いですよ。感覚としてはマスクに近いです。

サングラスは実際、紫外線からの目の保護にもなりますからね。

僕が使っているサングラスは下記のものです。

レンズの種類が豊富で自由に変えられる点が気に入っています。

他人の視線なんかどうでも良い

踊る男性のイラスト

どんなことでもそうですけど、何かを始めたいのに周りの視線が気になって始められないなんてもったいないです。

周りからの視線もポジティブに捉えて堂々とした自分を見られていれば良いんです。 

日傘を差すことからその視線を克服していきましょう。

一度人目を突き破る経験をすれば次から次へ色んなことにチャレンジ出来ると思います。

別に日傘でなくても良いですけどちょうど暑いですからこの夏、自分の殻を破ってみてはいかがでしょうか。

日傘の効果を解説のまとめ

  • 日傘は差さないのでは全然違う
  • 風の強い日は荷物になったりと残念なところもある
  • 人目を気にして何かをやらないのはもったいない

日傘もピンキリですが初めてなら3,000円以下の物がいいと思います。

一言

 今使っている日傘は2代目でこちらになります(1代目は折れました)。

日傘の購入履歴  

少々重いですが雨でも使える日傘なので不安定な夏の天気にはあっています。

タイトルとURLをコピーしました