青アオあおブログ名物記事3選

勉強のやる気を出す簡単な1つの方法。なぜあなたはやる気が出ないのか

やる気が出ない女性ライフハック
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

勉強はYouTubeでしていますあおいです。

今回の記事は『勉強のやる気を出す簡単な1つの方法。なぜあなたはやる気が出ないのか』というテーマです。

記事の内容

  • 勉強のやる気を出す簡単な1つの方法。なぜあなたはやる気が出ないのか

記事が参考になる人

  • 勉強をする全ての人
  • やる気の出し方を知りたい人

記事のネタバレ

  • 自分を騙して勉強は楽しいものだと再認識する

いつからか勉強という言葉に我々は無意識のうちにネガティブな印象を抱くようになっているのでは?

なのでそれを他の言葉に変換することで、認識を変えることで、勉強のやる気が出てくるよ──っていうシンプルな話です。

スポンサーリンク

やる気が出ない理由

そもそもなぜやる気が出ないのか。

その原因を探すために学校を例にします。

いわゆる学校の勉強を楽しんでやっている学生はなかなかいないですよね。

もしもいたらなかなかのレアキャラです。

そりゃ好きな科目、好きな範囲はあるでしょうが、全科目に夢中になる人は見たことないです。誰しも苦手な科目があると思います。

勉強=ネガティブという洗脳

実はみんな苦手な科目が本当に苦手なのかというと、そうでもないんです。

向き不向きはあるでしょうが嫌いまでいかないです。

ではなぜそう思うのかと言うと単純に授業や教師が嫌い。

学校そのものが嫌いという他の理由がそうさせています。

そんな嫌いが集まるネガティブな環境で勉強をしている内に勉強=ネガティブという洗脳が出来上がってしまうのです。

やる気が出ない正体

ネガティブな学習環境こそがやる気が出ない正体であり諸悪の根源です。

どこかで勉強がポジティブに変わるきっかけがあった方は勉強のやる気の出し方を知っているでしょう。

しかしそのきっかけが無いといつまでもやる気の出し方が分からず勉強はネガティブなまま。

なので勉強が楽しくない方はまずはその洗脳を自分で自覚して、新しい認識を持つということが大事になっていきます。

勉強が好きな大人は多い? 

大人になると勉強のやる気が出て学ぶことが好きになる人が増えてくると思いす。

もちろん相変わらず嫌いで勉強のやる気が出ない人もいます。

一般的なところで言うとTOEICの勉強を始める方が多いですね。

※人気の資格については下記を参考にしてみてください

主にそういった資格をとる目的が多いですが中には趣味で何かしらの勉強をする方もいます。

※私は投資の勉強を始めました

解決!勉強のやる気が出る方法

大人になってから勉強のやる気が出るのは学生時代よりも勉強を比較的自由にやれるからでしょう。

それで勉強を始める人が学生の頃より出てきます。

しかし私の場合いきなり「勉強しよう!」と意気込むとどうも気が乗りませんでした。

ところが「インプットしよう!」「吸収しよう!」意識を変えた途端に勉強のやる気が出てきて楽しくなってきたんです。

勉強は自分のためのインプット

インプットや吸収と思うことで勉強を自分のためにやっている感覚が強くなります。

自分のためになると思うと楽しくて、どんどんやってやろうとやる気が出ます。

子供の時にいつの間にか「勉強はつまらない」と自分で洗脳してしまったそれを上書きする感じで「今度はインプットは楽しい!」と自己暗示すればやる気は出ます。

スマホでググれば独学もできる

何かやりたいこと、勉強したいことがあるなら「吸収してやる!」と意気込んでスマホでそれらを検索してみれば良いです。

始める最初の一歩さえ踏み出せば後は自分のペースで道を選べば良いですから。

すでに勉強をしている方は新しいやり方を検索するのも良いですね。

今やっているやり方にダルさを感じているなら環境を変える意味でもスマホで調べて、インップトの時間にしてしまいましょう。

オススメの勉強法は丸パクリ

人のやり方を丸パクリしてみることが意外と良いです。

カンニングではないですから罪悪感を抱く必要はありません

例えば勉強法方を紹介している人のブログや動画を見て「この人の説明は分かりやすいな」という方がいたら、ぜひ真似してしまいましょう。

そうしているうちにオリジナルの勉強方ができます。

やる気が出たらとにかく継続

勉強でもなんでも続けていると糸が切れたように急に集中出来なくなる時がどこかで来ます。

しかしその時が正念場──意識を変えるチャンス

いかに継続できるかで今後もインプットが楽しくなるはずです。

最初の1週間は自分に厳しく

疲れたらもちろん休憩しても良いですが、1日でもサボるとそのまま継続できなくなります。

学生なら再開のチャンスというか、嫌でもやらざるを得ない時もあるでしょう。

しかし自分から始めた勉強はそれを終われせるのも、始めるのも自分次第ですから甘くなりがちです。

1日5分でも立派な継続

隙間時間でもやるようにすれば継続はしやすいです。

また、最初は楽しくなくてもやる気が出なくても、楽しいと思って続けてみると本当に楽しくなってやる気が徐々に出る時が時あります。

どんなに忙しくても5分はやりましょう。

最初はつまらなくても継続するうちにハマる

最初は結局慣れていなかったり、まだ理解が出来ていないのでそもそも楽しいかどうかなんて判断するのにはきっと早いんです。

明らかに楽しくない、自分が興味なくてやらされている勉強ならまだしも、少なくとも自分から「やってみよう」と思ったものならきっと楽しくなる時がくるはずです。

だって少しでもそう思ったから始めたのですから。

 

 

苦しいものは辞めてOK

勉強でも仕事でもなんでも、それを続けていてやる気が出ず苦しいなら辞めたほうが得です。

苦しみながらやってもやる気が出ないので上達しにくいでしょうし、身にならないので無駄になることが多いです。

ただそれでもそれが好きならば辞めなくても構いません。

しかし、変えるべきことはあります。

それはそれを学ぶ環境やり方です。

勉強法や習う場所は1つではない

自分が楽しくやる気を出して継続できる方法を見つけるためにも「これ合わないな」と思ったら色んなやり方を試して、合うやり方を見つけましょう。

学校の勉強でやる気がどうしても出ない教科はテストで最低限か平均レベルを目指しましょう。

どんなにやっても出来ないものはしょうがないです。

あえて苦手なものをインプットしてみる

大胆にも苦手な科目を調べてインプットしてみるのも良いです。

インプットしているうちにやる気が出て好きになる可能性もゼロではないですからね。

本当に自分がその科目が苦手、嫌いなのか。

嫌いなのは教師ではないのか。学校ではないのか。退屈な授業ではないのか。

一度冷静に分析してみるのも良いでしょう。

やる気を出す方法まとめ 

  • 勉強は「インプット」、「吸収」と意識を変えるとやる気が出る
  • 無理やり楽しいと思い込むのもあり。自分を騙す
  • 苦しいものはやめるべき。自分に合うやり方を見つける

最後に一言

何かを始める行動力、そしてそれを継続する力も大事ですが何かを辞める力も大切だと思います。辞めなければ変わらない物もあると思います。

辞める力については下記の記事をご覧ください。

また、これからは学歴だけで生きていける社会でもないので高校生や中学生やお子さんがいる方にはこちらの記事もお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました