【 はじめての人へ 】あおブログの操作方法
5分で読める『#青アオあおブログ』

【サ道】正しいサウナの入り方!重要なのは入る回数と〇〇【勘違いは危険】

瞑想のイメージ感想・レビュー

サウナで〝整う〟をマスターしたあおいです。

瞑想のイメージ

今回はそんな僕がみなさんに正しいサウナの入り方を教えます。

さっそくネタバレですが重要なのはサウナに入る回数時間。この2つを覚えておいてください!

サウナへ行くと「この人サウナを勘違いしてて危険だな」って人がわりといます。サウナは我慢するものではありません。サウナは気持ちの良いものです。

正しいサウナの入り方をここで理解してあなたもサウナで〝整う〟をマスターしましょう!

本記事の内容

  • サウナの入り方
  • サウナに入る回数
  • サウナに入る時間
  • サウナの入り方まとめ

サウナで〝整う〟の〝正体〟についてはこちらの記事をどうぞ↓

サウナの入り方まとめでは各セットごとに分けてサウナの入り方を紹介しています。どのようにサウナに入るのか知りたい方はまずはそちらからどうぞ!

サウナの入り方

OKをする女性

サウナの入り方を紹介します。順番をつけると僕のサウナの入り方はこんな感じ↓

  1. シャワーを浴びる
  2. 湯船で体を温める
  3. サウナに入る(5分)
  4. 水風呂に入る(30秒〜3分)
  5. 椅子で休憩(5分〜10分)

大事なのは3〜5。

サウナに入り、水風呂に入り、椅子で休憩。これを最低3セットやること!サウナや水風呂に入る時間は後ほど話します。

サウナに入って椅子で休憩までがサウナに入るということだと理解してください。このどれか1つでもやらないとサウナで整いません。つまり、気持ち良くならないです。

サウナに入る回数

サウナ

サウナに入る回数ですが先ほど最低3セットと説明したので、最低でもサウナには3回入ることになります。

サウナを3回に分けて入ることでより血流が促進されて効果的になります。よく〝長時間1回だけサウナに入って終わり〟という方がいますがこれは残念ながら〝非効率的〟。サウナを活かせていません。

サウナに入る回数は最低3回。サウナは長時間で1回きりではなく、短時間で複数回入るものです。

サウナに入る時間

時計

サウナに入る時間ですが僕の場合は合計15分です。もう一度言います〝合計〟15分。つまりサウナ1回あたりは5分

サウナには5分で1回のペースで入りましょう。

ただし「5分だと温めが足りない」という方は6、7分でも良いです。この辺りは体調と相談してください。

サウナの入り方まとめ

指摘する女性

サウナの入り方をまとめます。1セットから3セットまでを通せばあなたもサウナで〝整う〟はず!

サウナの入り方 1セット目

サウナの入り方1セット目です。時間はあくまでも目安!まだサウナに入ったことがない方は試しにこの時間設定で入ってみてください。

サウナの入り方 1セット目

  1. シャワーで体を洗う
  2. 湯船で体を温める(5〜10分)
  3. サウナに入る(5分)
  4. 水風呂に入る(30秒〜3分)
  5. 椅子などで休憩(5分)

1セット目は体を慣らす、温めることが目標です。

1セット目の水風呂はなかなか鬼門ですがこの水風呂が2セット目からのサウナが気持ち良くなる起点になるので気合で入りましょうww

水風呂がどうしても苦手という方は下記の記事がオススメです↓

椅子などで座って休憩するときは体の水滴を可能な限りふきとります。そして椅子に体を預け、目を閉じて瞑想をするように休憩しましょう。

サウナの入り方 2セット目

2セット目の目標は体をよく温め、よく冷やすこと!

サウナの入り方 2セット目

  1. サウナに入る(5〜7分)
  2. 水風呂に入る(1〜3分)
  3. 椅子などで休憩(5〜7分)

サウナに入り、水風呂に入り、椅子で休憩。このサイクルを後は繰り返します。3セット目もやることは同じです。

サウナルームのイメージ

サウナに入る時間は1セット目よりもやや長めでも構いません。体も慣れているので少し長くサウナで温めて、少し長く水風呂で冷やしましょう。

サウナと水風呂のメリハリがうまく出来た人はこの段階で整う手前になるでしょう。休憩していると頭がふわ〜とします。〝のぼせる〟とは違い〝徐々に気持ち良くなる感覚〟です。

サウナの入り方 3セット目

サウナの入り方3セット目。3セット目の目標はもちろん〝整う〟こと!

サウナの入り方 3セット目

  1. サウナに入る(7分〜10分)
  2. 水風呂に入る(3分)
  3. 椅子などで休憩(時間制限なし)

最後はサウナ、水風呂ともに今までより長く入りましょう(無理はNG)。ここまで来たら熱いサウナも冷たい水風呂もその気持ち良さが分かっているはずです。

「もうちょっと入っていたいな」という気持ちになるでしょうがそのくらいのなごり惜しさを感じつつ出ましょう。そしたら水滴を拭いて椅子で休憩です。

休憩するキツネ

椅子での休憩に時間制限はありません。なぜなら〝整う〟からです。

整ったらその気持ち良さにしばらく何もしたくない状況になります。無の境地ってやつですかねww その無の時間を楽しみましょう!

サウナの入り方は以上になります。最後にサウナに入っていて〝あると便利なもの〟を紹介します。それは腕時計(防水)です。

オススメの腕時計↓

サウナでは時間の管理が大事です。体を熱くしすぎたり、冷やしすぎたりしないように時間を気にする必要があります。

どこにいても常に時間がわかる腕時計は整うことをアシストしてくれます。温泉用に1つ腕時計があると〝安定〟です。

タイトルとURLをコピーしました