【 はじめての人へ 】あおブログの操作方法
5分で読める『#青アオあおブログ』

「会って話をしたい」は誘い文句として最弱な3つの理由

断られる男性のイラスト恋愛・友情

「会って話をしたい」とビジネス系アカウントにDMされるあおいです。

今回の記事は『「会って話をしたい」は誘い文句として最弱な3つの理由』というテーマ。

記事の内容

  • 「会って話をしたい」は誘い文句として最弱な3つの理由

記事が参考になる人

  • 誘い出して会いたい人がいる人

記事のネタバレ

  • 話は会わなくてもできる
  • 誘い文句でメリットを与えるべし

DMにて「会って話をしたい」というメッセージをもらうのですが彼らは誘い方が下手だな〜と感じました。

そこでどうやったらさほど自分に興味がない相手を誘い出して会えるのか、誘い文句を考えていきます。

きっとビジネスの場面やマッチングアプリなどでも役立つでしょう。

会って話をしたいは誘い文句として最弱な3つの理由

会って話をしたいという誘い文句が最弱である3つの理由は下記の通り。

  1. 会いたい理由が不明なまま
  2. 相手にメリットがない
  3. 話は会わなくてもできる

ではそれぞれ掘り下げていきます。

理由1 会いたい理由が不明なまま

「会って話をしたい」というのが誘う側の会いたい理由なわけですが、相手からすれば会いたい理由が不明なままなのが分かりますか?

要するに下記のイメージです。

会いたい側→会って話をしたい

誘われる側→何を話したいのか不明

おそらく「何を話したいの?」と言われるでしょう。

その時にメッセージ上で素直に会って話をしたい内容を言っても良いですが、そうすると実際に会えずに終わります。

それでもまずは会いたい理由を明確にした方が良いでしょう。

理由2 相手にメリットがない

「会って話をしたい」というのは内容によっては相手にとってもメリットがあるかもしれません。

しかし相手にもメリットがある内容なら最初から「会って話をしたい」という誘い文句は使いませんよね。

相手にメリットがあるか分からないことを話したいから「会って話をしたい」とわざわざ言うのでしょう。

ですがその誘い文句では会いたい理由が不明なままなのと同じで、メリットも不明なままです。

せめて「お土産を渡したい」など相手にメリットを与える誘い文句にしましょう。

理由3 話は会わなくてもできる

「会って話をしたい」という誘い文句が最弱な理由はこれにつきます。

今の時代話は会わなくてもLINEなどで出来てしまうので理由として弱すぎるのです。

それに「LINEで言えないことってなんだろう?」と相手に不信感を与える可能性もあります。

お互いの関係性にもよりますが例えば実際に会ったことがない人を誘う場合、「会って話をしたい」は適切な誘い文句とは言えないでしょう。

強い誘い文句は?

「会って話をしたい」が最弱な誘い文句なら強い誘い文句はなんなのか。

考えていきますが簡単です。

先ほど紹介した会って話をしたいの3つの最弱な理由を活かします。

なので──

  1. 「会いたい理由を明確にする」
  2. 「相手にメリットを与える」
  3. 「不信感を与えない」

この3点に気をつければ良いでしょう。

会いたい理由を明確にする

理由が明確であれば相手も返事をしやすいですよね。

なので具体的な誘い文句にしましょう。

例えば「会って仕事の話をしたい」「焼肉を食べに行きたい」などです。

仕事の話も更に具体的に言えるならより明確にするためにもそうした方が良いでしょう。

相手との関係性によっては「ご飯に行きたい」「遊びたい」などもやや曖昧になるので何を食べるのか、何をして遊ぶのかを明確にしましょう。

相手にメリットを与える

誘われる相手の気持ちを考えれば急に連絡が来て予定の変更を迫られるわけです。

だったらメリットがないと予定を変えたくないですよね。

例え暇でも外出することに値する内容なのかどうかは気にすると思います。

なので関係性によっては強烈なメリットが必要となります。

プレゼントや料理などこちらがおもてなしをする感覚で相手を誘いましょう

不信感を与えない

これは会う理由を明確に出来ていれば問題ありません。

ただ初対面の人などが相手なら事前のやり取りなどを丁寧に行いましょう。

また、会う場所も変に拘った場所ではなく、誰でも知っているような場所だと相手も安心です。

人によっては変におもてなしをされると「何か見返りを要求されるのでは?」と考える人もいるのでそこは誤解を与えないようにしましょう。


CROSS MEのアフィリエイト広告
CROSS ME

「会って話をしたい」と誘われたら?

声をかける男性のイラスト

最後に誘われた時の対処法について書いていきます。

ただし知り合いや友人などではなくSNSで会ったことがない人から誘われた場合のケースです。

まずは疑うべし

だいたい初対面で「会って話したい」って普通に考えて怪しいです。

特にビジネス系のアカウントは何かを売り込まれるかもしれません。

相手がどういうアカウントなのか探るためにもまずは疑ってやり取りをしましょう。

即ブロックでも良い

疑う以前にブロックすれば解決です。

ただあなたがもしも副業系のアカウントを運営しているなら1%くらいの確率で有益な情報を得られる可能性もなくはないです。

なので興味がある方はやり取りしてみてください。

実際に会っても良いのか?

問題ないと思います。ただし万が一のためにも公の場所、人の目がある場所にしましょう。

特に出会い系の場合はそうすべきです。

私は副業系、ビジネス系から何通か誘いがありました。

実際に相手のアカウントを見ると本当にただ会うだけのアカウントもあったので、絶対に危険とは言い切れません。

ただ大抵は何か相手の狙いがあるわけですからその狙いに見当をつけて、危ないと思ったら無理に会わなくても良いでしょう。

なぜ会うことを目的にしている人がいるのか

私もただ会うだけの人は何が狙いなのか気になってそのアカウントのプロフィールを読んだのですが、どうやら世の中には「会った人数を実績にする」人がいるようです。

なるほどなと。なかなか面白いアイディアですね。

多分こういう人は害がないので気が会いそうであれば会っても良いかもしれませんね。

私は出不精なので断りましたがww

誘い文句 まとめ

  • 誘い文句は相手の気持ちになって考える
  • 知らない人に誘われたら疑う
  • 無理に会う必要はない



※会員数1300万人!
サクラヤラセ無し【イククル】(18禁)

一言

ちなみに私はお酒と肉で釣れます←

タイトルとURLをコピーしました