【仮想通貨】投資初心者がGMOコインを実際に使った感想【他3社と比較】

GMOコインのアプリLife・Business

GMOコインってどうなの?と気になるみなさんこんにちは!

GMOコインで仮想通貨取引をして半年経ったあおいです↓

そのGMOコインを実際に使った感想をのべていきます。ちなみに上のツイートはネタツイですww アルトコインは死んでもビットコインは死にません。

これから仮想通貨投資をしたい初心者やGMOコインを使おうか迷っている方は必見!

本記事の内容

  • GMOコインを実際に使った感想
  • GMOコインはアプリが使いやすい
  • GMOコインは現物、先物取引が両方できる
  • GMOコインはアプリが2種類ある
  • GMOコインと他3社との比較
  • GMOコインを実際に使った感想まとめ

結論からいうとGMOコインはアプリの操作が直感的でわかりやすく、仮想通貨の売買がスムーズに行えます。

日傘あおい
日傘あおい

初心者の方やスマホになれていない方にはGMOコインをおすすめしたい

 

 GMOインターネットグループの【GMOコイン】

GMOコインを実際に使った感想

OKをする女性

GMOコインを実際に使った感想としてはこんな印象↓

  • アプリの操作が単純でわかりやすい
  • GMOコインは先物、現物取引ができる
  • GMOコインはトレード専用アプリもある

ようするにGMOコインはアプリの操作性が抜群で使いやすいです。また先物と現物の両方の買い方が可能かつトレード専用のアプリもあるので仮想通貨投資をやりやすい。

僕はGMOコイン以外にも3社で仮想通貨投資のために口座を開設しましたが正直GMOコインだけで十分かなと感じています。

それではGMOコインを使用した感想を具体的に掘り下げていきますね。

GMOコインはアプリが使いやすい

GMOコインはアプリが使いやすいです。実際にGMOコインのアプリを開くとこんな感じになります↓

GMOコインのホーム画面

日傘あおい
日傘あおい

これはGMOコインのホーム画面!

ごらんの通りここから自分の総資産が一目でわかります。入出金や設定などもそれぞれのアイコンを押すだけで操作可能。

GMOコインはこのように直感的な操作ができるのが魅力

画面もこのホーム画面を入れて4つ。後の3つは画像の下部を見てもらうとわかりますが保有/履歴、トレード、チャート画面。と画面の切り替えもそこをタップするだけで簡単。

スポンサーリンク

保有/履歴画面↓

GMOコインの保有履歴画面

保有/履歴画面では現物取引、先物取引(レバ)などで売買した仮想通貨の履歴を見ることが可能。自分が今なんの仮想通貨を持っていていつ買った(売った)かなどもこれを見ればわかるので忘れっぽい方でも安心ww

トレード画面↓

GMOコインのトレード画面

トレード画面を押すとすぐこの画面になります。いきなりだとちょっとびっくりしますかね。なんか投資やってる感がすごい画面ですww

買う(売る)金額や量(枚数)を入力してすぐにトレードすることが可能。タイミングが大事なトレードでは、迅速に手続きができるGMOコインはやはり使いやすいですね。

チャート画面↓

GMOコインのチャート画面

ビットコイン(仮想通貨)の価値の推移をあらわすチャートも、画面下部のアイコンから1タップで見ることができます。ちなみにチャートは横向きでも表示可能。

とまあこんな感じでGMOコインはシンプルで複雑な操作は必要ありません。

GMOコインは現物、先物取引が両方できる

スマホを見てにやにやする男性

GMOコインは現物、先物取引が両方できます。

怒った鳥
怒った鳥

現物と先物ってなんぞや!

という方はこちらをごらんください↓

軽く説明すると現物は一般的な買う、売る。先物はリスクのあるトレード(FX)。みたいなもんです。

仮想通貨には現物と先物の2種類の買い方(投資の仕方)があるんですがGMOコインだと1つの口座で両方できます。それが普通じゃないの?と思ったあなた。これ、普通じゃないんですよ。意外と現物しかできない取引所もあります。

スポンサーリンク

どうせ仮想通貨投資をするなら現物も先物もやれた方がいいですよね?わざわざ別の口座を開くのめんどくさいですから。お試し感覚で仮想通貨投資を始めるなら両方できるGMOコインが位良いかなと。

GMOコインはアプリが2種類ある

GMOコインはアプリが2種類あります。1つはGMOコイン↓

GMOコインのアプリ

そしてもう1つがさきほどもチラッと触れたトレード専用アプリのビットレくん↓

ビットレくんのアプリ

日傘あおい
日傘あおい

ビットレくんのアプリ画面はこんな感じ↓

ビットレくんのトレード画面

GMOコインと同じく画面下部からホーム、トレード、スピード注文、チャート。そして銘柄画面に1タップで切り替え可能。

このビットレくんの特徴はトレード(先物)に特化している点。そのためスピード注文という画面があります↓

ビットレくんのスピード注文画面

GMOコインのスピード注文は予め仮想通貨を買う(売る)量(枚数を)設定して1タップで取引が完了するもの。それ以外はGMOコインのアプリと特に変わりません。

口座はGMOコインの方とリンク(共有)するので利用する際は資金管理だけ気をつけましょう。

GMOコインと他3社との比較

GMOコインと他3社との比較ですが僕が利用している仮想通貨取引所はこちら↓

4つの仮想通貨アプリ

左からビットフライヤー。とんでコインチェック。ディーカレット。この中で僕が今も入金して使っているのはGMOコインとディーカレットの2つ。

ビットフライヤーとコインチェックはアプリが(GMOコインより)使いにくい。ディーカレットはトレードをするには専用口座が必要。

と、どれも使っていてやや不満な点がありました。もちろんビットフライヤーやコインチェックもそれぞれ利点はありますが僕はシンプルに使えるGMOコインが初心者に向いていると感じています。

GMOコインを実際に使った感想まとめ

GMOコインを実際に使った感想をまとめます。

  • GMOコインは操作がシンプルで初心者でもわかりやすい
  • GMOコインは1つの口座で現物、先物投資ができる
  • GMOコインはトレード専用のビットレくんもある

GMOコインが使いやすいと気がつけたのも他の3社を使ったからなので気になる方はいろんな証券会社の口座を開くのもあり。

日傘あおい
日傘あおい

GMOコインは下記の公式サイトから口座開設できます↓


 
仮想通貨FXも【GMOコイン】

メン鳥
メン鳥

仮想通貨投資の始め方はこちらでも解説メン↓

日傘あおい
日傘あおい

その他の仮想通貨の記事もあります↓

タイトルとURLをコピーしました