青アオあおブログ名物記事3選

日本人お断りラーメン店が新たな営業スタイルの手本になる2つの理由

ラーメンの写真未来の生き方
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

ラーメン大好きあおいです。

今回の記事は『日本人お断りラーメン店が新たな営業スタイルの手本になる2つの理由』というテーマです。

記事の内容

  • 日本人お断りラーメン店が新たな営業スタイルの手本になる2つの理由

記事が参考になる人

  • 飲食店経営者
  • 日本人お断りに疑問を持つ方

記事のネタバレ

  • 客が神の時代は終焉
  • 店が客を選ぶ時代

※アイキャッチ(サムネ)のラーメンはフリー素材なので記事とは無関係です。

スポンサーリンク

なぜ日本人お断りになったのか

例の石垣島のラーメン店。好きで日本人お断りにしたわけではありません。

一番の原因とされているのはお客のマナーの悪さ。下記がその悪いマナーの例です。

  • 食べ物の持ち込み
  • 人数分の商品を頼まない
  • 従業員への酷い言葉使い

食べ物の持ち込みは論外ですね。一般的に考えられません。

人数分の商品に関しては「観光地なので色々な物を食べたい」という客側の気持ちも分かります。

しかしそれではお店としては儲けが出ないので断られて当然でしょう。利益を追求するのはお店として自然なことです。

従業員への暴言については悩んでいるお店ばかりでは?多くの飲食店が対応に困っているでしょう。

※暴言は「人数分頼んでください」と注意した際に暴言を言われたそうです

日本人お断りにしたい飲食店は多いはず

ぶっちゃけた話ですがそういう考えの店舗は多いでしょう。飲食店なら特に。

ただ、外国から人気の観光地でない限り日本人お断りは出来ません。実質客が来なくなることを意味しますからね。それに日本人みんなが悪い人ではありません。

じゃあお店はマナーの悪い客に妥協しなければいけないのか?

──いいえ。そんなことはありません。これからはお店がお客を選べば良いんです。

日本人お断りが営業の手本になる2つの理由

例のラーメン店では会員制を導入して従来の日本人常連客に来店してもらおうと考えているようです。

「これ、他のお店も真似しちゃえば?」

大手のチェーン店は出来ないでしょうが、個人経営やそれに近い店舗なら出来るでしょう。特にそういうコアなお店やラーメンの客層はほとんど常連客ですからね。

別に会員制にしなくても、マナーの悪い客はどんどん追い出していくべきだと思いますよ。その方が常連としても居心地が良いです。

理由1 マナーの悪い客は人手不足に加担する

例のラーメン店では客のマナーの悪さに従業員が店主以外全員辞めてしまいました。人手不足と言われる今の時代にこれは痛いです。

それに飲食業はただでさえ人手不足。こういったネガティブな印象を取っ払うことが出来なければ、いくら利益が出ても人手が原因でお店が潰れるかもしれません。

神様客はもういらない

日本には『お客様は神様』という言葉がありますが、この言葉を勘違いした人がいわゆるマナーの悪い客でしょう。

いくら八百万の神様がいるとはいえ令和の時代に『お客様』という神様はもういりません。

人手不足を解決したいなら従業員が働きやすい環境をつくる必要があります。

理由2 お店のクオリティが上がる

もしも会員制にしたり、〇〇お断りという営業スタイルになった場合は従来よりも高いクオリティを求められるのは当然でしょう。

だからクオリティを上げなければいけませんが大丈夫です。自然にクオリティは上がります。

ストレスが無くなると働きやすい

例のラーメン店の店主は日本人お断りにして以降仕事をやりやすくなったと言っています。

やはり売り上げは下がったそうですがそれでもストレスが少なく気持ちが楽なそうです。

このように従業員がストレスなく働ければ自然と接客のサービスの質も上がっていくでしょう。料理の方も余裕を持って作れますからクオリティが安定してくるはずです。

また、時間に余裕が出来れば新たなメニューなど新サービスを提供する余裕も生まれます。

とはいえ日本人お断りは現実的ではない

現実的に考えて平和的ではないですよね。

会員制で成功するところはごく一部だと思います。

じゃあどうすれば良いのか。現実的な方法を考えてみます。

食券制にする

食券制にすれば従業員を減らせますし店員と客との関わりも減らせます。

結局人と人が関わるからトラブル、ストレスが発生するのでそれらを少しでも減らしていくことが望まれます。

キャッシュレスを導入

今はもう当たり前かと思いますがまだ現金払いオンリーの店もありますね。

また、食券はあるけど現金にしか対応していない店舗もあります。

スムーズに会計を行えればトラブルが起こるリスクも減らせますし、キャッシュレスに適応しているスマートなお客さんが訪れやすくなると思います。

わがままな神様客は性格的に新しい物を歳のせいにして使おうとしないでしょう。

いっそのこと現金お断りにしたら客とのトラブルは全部解決するんじゃないですかね(わりと真面目に)

まとめ

  • 日本人お断りはこれからのお店のあり方のヒント
  • 傲慢な人間は客として認識されない時代が
  • 従業員のストレスを解消することは、お店の質を上げ客にとってもプラス

チリトマトヌードルはスライスチーズをトッピングすると更に美味ですよ。

一言

ラーメンは最低でも週1で食べています。

タイトルとURLをコピーしました