【クリエイター必見】イラストをオーダーメイドできるSKIMAとは?5つの特徴まとめ!【販売も可】

金髪の少女のイラスト小説・書き方

小説を書いているあおいです。

小説に使う挿絵を探していたところアイコンやオリジナルのイラストをオーダーメイドできる『SKIMA』というサービスを見つけたので紹介します!

本記事の内容

  • SKIMA(スキマ )とは?
  • SKIMAの5つの特徴
  • SKIMAのイラストの買い方
  • SKIMAのまとめ

SKIMAの公式サイトはこちら↓

SKIMA

SKIMA(スキマ)とは?

SKIMAとは?なんぞやというわけですが結論から言うと個人がイラストをオーダーして売買できるサービス

イメージとしてはフリマアプリのメルカリや技術を売るココナラが近いですね。イラストを買いたい人とイラストを売りたいクリエイター仲介するサイトです

オーダーメイドのイラストを1000円から頼めるのは格安かなと。

SKIMAはどんなイラストをオーダーできるのか

SKIMAはどんなイラストオーダーできるのか。例をまとめました↓

  • SNSアイコン、ヘッダー
  • Web小説の表紙、挿絵
  • TRPGやMMORPGのマイキャラ、立ち絵
  • プレゼント用の似顔絵風イラスト

個人が利用するイラストでしたらSKIMAは幅広く対応できます。クリエイターなら登録だけでも登録しておくと何かと使えるかもです↓

SKIMA

SKIMAの値段設定はどれくらい?

一応¥1,000円からとなっていますがサイトを見ると¥3,000円¥5,000円も珍しくはありません。中には¥25,000円の値段設定をしている方もいました(それでも安いと思います)。

絵のクオリティにもよりますがオーダーメイドという点で考えるとSKIMAは妥当なお値段。

高いなと思われるかもですが販売者のクリエイターの数だけ値段設定があるので、ご自身の財布にあった販売者を探せば良いでしょう。

実際のイラストはこちらから 《SKIMA公式サイト》

SKIMAの5つの特徴

SKIMAの5つの特徴をまとめるとこちら↓

  1. SKIMA内でやりとりは完結
  2. SKIMAはお金の管理も安心
  3. SKIMAは3つの支払い方法がある
  4. SKIMAは描き直しなど相談も可能
  5. SKIMAは値段設定はクリエイターが決められる

SKIMA内でやりとりは完結

SKIMA内でやりとりは完結できます。購入の申請、支払い、イラストの受け取りまでSKIMAを通して行えます。

メルカリなどでもそうですが個人同士でやりとりをするよりは安心安全です。絵が送られてこないとか、お金が振り込まれないということも起きないでしょう。

万が一トラブルがあってもSKIMAに相談できます。

SKIMAはお金の管理も安心

SKIMAはお金の管理も安心です。具体的に言うと普段の買い物と同じように購入した時に支払いが発生します。逆に絵を売る側は納品後に売上が確定します。

金銭面でのトラブルは厄介ですからね。SKIMAであれば購入者もクリエイターも双方安心して利用可能です。

SKIMAの3つの支払い方法がある

SKIMAでは3つの支払い方法があります。その3つはこちら↓

  1. コンビニ払い
  2. クレジット払い
  3. 売上・ポイント払い

コンビニ払いは5社に対応

コンビニ払いに関しては5社に対応しています。これなら地方でも大丈夫そうですね。

  1. ファミリーマート
  2. ローソン
  3. ミニストップ
  4. セイコーマート
  5. デイリーヤマザキ

ちなみにコンビニ払いの場合は決済手数料としてプラス¥200円かかります。当然購入者側の負担になります。

クレジットカードはVISAとMASTERカードの2つ

クレジットカードの各種情報をSKIMA内の取引画面で入力して決済を行います。いつでもどこでも支払い可能なので便利ですね。

ちなみにクレジットカード払いであれば手数料が発生しません

売上金・ポイント払い

売上金に関してはSKIMAでイラストを販売しているクリエイターに関係ある話です。購入だけをする人には関係ありません。いわゆる自分が売ったイラストの売上金を利用して決済をする方法。電子マネー決済に近いですね。

ポイントに関してはSKIMA利用者にプレゼントされる可能性があるので購入者でも利用できるでしょう。

SKIMAは描き直しなど相談可能

SKIMAは描き直しなど相談も可能。届いた絵を少し手直しして欲しい時も大丈夫ですね。

そもそもオーダーメイド専用サイトのためこちらの要望を伝えやすいのは確かです。ただし最終的には販売者であるクリエイター次第なので必ず希望通りになるとは限りません

僕もそうですが創った作品にケチつけられると少しは気になりますww なので優しく気に障らないように相談しましょう。

SKIMAは値段設定はクリエイターが決められる

SKIMAは値段設定はクリエイターが決められます。これはクリエイター。つまり販売側に限った話。

この点はフリマアプリなどと似ていますね。出品者が値段を自由に決めるので人によっては安いと感じますしその逆もあるでしょうww

トラブルを回避するために自分の納得できる値段で依頼しましょう

SKIMAのイラストの買い方

SKIMAのイラストの買い方を4つの手順でまとめます↓

  1. 購入を申請
  2. 支払い方法を選択
  3. 要望をクリエイターに伝える
  4. 納品後に取引完了

SKIMAで購入を申請

SKIMAに登録しているクリエイターが出品しているイラストや参考イラストを見て欲しい物があったら購入を申請します。

しかしいきなり購入をするよりも依頼したいイラストの内容や納品日などを伝えた方が取引がスムーズに進むのでまずはクリエイターにメッセージを送りましょう

在庫があるメルカリなどと違って焦って買う必要はないので落ち着きましょうww

支払い方法を選択

これは先述した通りコンビニかクレジットですね。ご自身の都合のいい方を選びます。クレジットの方が一般的。

クレジットカードがない場合はなるべく早くコンビニで振り込みを済ませましょう。でないとクリエイターも絵を描けませんから。

要望をクリエイターに伝える

例えばイラストの部分で変更して欲しい点があれば早目に伝えましょう。必ずしも要望が通るとは限りませんがメッセージを送ることは可能です。

具体的に伝えた方がクリエイターも描きやすいので遠慮せずにどんどん言った方がいいですよ。

SKIMAで納品後に取引完了

イラストが希望の媒体で納品されたらお互いを評価して取引完了。今後も取引をしていきたい相手でしたらメッセージなどで伝えておくのが一般的。

SKIMAのまとめ

SKIMAのまとめを行います↓

  • SKIMAはイラスト版のメルカリ
  • SKIMAはアイコン、挿絵などを依頼可能
  • SKIMAはイラストのオーダーメイドができる
  • SKIMAはお金のトラブルが発生しにくい仕組み

SKIMAの登録はこちらから↓



イラストを手軽にオーダーできるCtoCのオーダーメイドマーケット

ちなみに僕も小説を書いています。短編小説集はこちらで販売中↓

1つだけ無料で公開しているのでヒマな時にどうぞww

タイトルとURLをコピーしました