【仮想通貨】現物取引と先物取引の4つの違いとは【初心者におすすめの買い方は〇〇】

ビットコインと紙幣Life・Business

仮想通貨で現物、先物ともに取引していますあおいです。

今回はこちらの記事↓の補足をしていきます。

結論から言うと『現物取引は低リスク』で『物取引は高リスク高リターン』という違いになります。他にも細かな違いはありますがねww

本記事の内容

  • 現物取引と先物取引の4つの違い
  • 先物取引は口座内のお金を失う可能性がある
  • 先物取引は値動きを常に注視する必要がある
  • 先物取引は口座内のお金以上の仮想通貨を買える
  • 先物取引は売りから注文ができる
  • 初心者におすすめの仮想通貨の買い方
  • 現物取引と先物取引の違いまとめ

現物取引と先物取引の4つの違い

指摘する男性

現物取引と先物取引の4つの違いはこちら↓

現物取引と先物取引の主な違い

  1. 先物取引は口座内のお金を失う可能性がある
  2. 先物取引は値動きを常に注視する必要がある
  3. 先物取引は口座内のお金以上の仮想通貨を買える
  4. 先物取引は売りから注文ができる

現物取引と先物取引の違いは他にもありますが初心者が特に気にすべき点だと思った4つを今回はまとめました。

それではそれぞれを掘り下げていきます。

先物取引は口座内のお金を失う可能性がある

頭を抱える男性

先物取引は口座内のお金を失う可能性があります。なぜか?

一言でいうなら「口座内のお金を人質にそれ以上の金額を動かしているから」。もしもトレードで損益を抱えたらその人質が犠牲になる。そんなイメージです。

先物取引では証拠金といって動かしたい金額の何割かをあらかじめ入金します。「私はこれだけのお金がある。だから少し多めにお金を使わせて欲しい」という感じで少ない金額で大きな金額を動かせる世界なんですよ。

比較する天秤

先物取引はそんな世界だからこそ大きな利益を出すこともできます。それに先物取引も身の丈にあった金額でやれば大きな損を抱えることもないので結局はあなたの投資のやり方次第です。

余分に証拠金を入れておけばもしも損益をかかえても口座内のお金が全てなくなることはありません。そもそも全額を失う前に損切りと言って少ない損を抱えるのが一般的・・・

先物取引は値動きを常に注視する必要がある

スマホを見てにやにやする男性

先物取引は値動きを常に注視する必要があります。理由は「大きな損をしないため」

もしも自分が見ていない時に仮想通貨の価値が大きく下がって(上がって)損益を抱えることにはなりたくないですよね。逆にせっかくの利益を逃すことも。

このようにいつ上がったり、下がったりするか分からない仮想通貨の動きを常に注視する必要があります。

先物取引は口座内のお金以上の仮想通貨を買える

ハゲた大人の男性

先物取引は口座内のお金以上の仮想通貨を買う(売る)ことができます。その仕組みは先ほども触れた証拠金のおかげ。

証拠金という人質、生贄のようなものを預けておくことで初心者でも何万、何十万、何百万という金額を動かすことができます。

本来自分が動かせないはずの金額を動かせる。これこそがリスクがある先物取引をする理由と言っても良いでしょう。

先物取引は売りから注文できる

驚く女性

先物取引は売りから注文できます。たぶん意味がわからないと思いますがつまり「仮想通貨を持っていなくても売り注文ができる」ということなんです。

これはまず先物取引の言葉の意味を考えれば分かります。先物取引は今売買をするのではなく将来売買をするという約束をする取引。そのため現時点で仮想通貨を所持していなくても売り注文が出来るのです。

「未来で売るから!」って感じですね。

現物取引は実際に売買を行うので仮想通貨を所持していなければ売ることは出来ません。

売り注文ができることのメリット

喜ぶ女性

仮想通貨の価値が下がった時にメリットがあります。

現物では安い時に買って高くなったら売るということしか出来ません。しかし先物なら高くなった仮想通貨を売りに出して、安くなった時に決済というやり方で利益を出せます。

先物取引は仮想通貨の価値が上がった時はもちろん。下がった時でも利益を狙える買い方なのです。

初心者におすすめの買い方

初心者におすすめの買い方はずばり現物購入(取引)です。

現物取引には主に以下のメリットがあります↓

  • 価値の動きを常に注視しなくても良い
  • 口座の金額が全てなくなるリスクがない
  • 高くなった時に売れば良いのでシンプルな投資

特にできるだけ放置して利益を得たいという人は現物を買った方が良いです。

先物は気になったらやれば良い

僕も最初は現物買うやり方でした。ですが気になったので先物取引をしたところ、自分に合っていたので今では先物取引をしています。

そもそも投資自体仮想通貨だけではないのでいろいろなものをやってみることをおすすめします。

ちなみにGMOコインは先物取引現物取引も1つの口座で出来るので仮想通貨投資を行うなら楽で良いですよ↓


GMOインターネットグループの【GMOコイン】

仮想通貨投資の始め方はこちらでも触れているのでよければ↓

現物取引と先物取引の違いまとめ

現物取引と先物取引の違いをまとめます。

  • 現物取引は放置して投資をしたい人に向いている
  • 先物取引はリスクや価値の変動を追う必要がある
  • 先物取引は気になったらやれば良い
  • 現物取引から始めるのが一般的

ここまで先物取引をあまりすすめないスタイルでしたが2020年に限ってはビットコインの価値が上がると見込まれているので、先物でもとりあえず買っておいて放置というスタイルもありかなと思っています。

完全放置は危険ですがビットコインが100万円以下なら買い時かなと。そして都市伝説レベルですが価値が10倍になるとも言われているので↓

タイトルとURLをコピーしました