【バビロン5話感想】曲世愛の衝撃的な過去。正崎の新しい正義。そして新たな自殺者が

微笑む曲世愛Review

バビロン5話の感想を述べていきます。バビロン4話の感想は下記。

【5分で読める】超問題作アニメバビロン4話感想・考察【自殺がテーマ?】
超問題作アニメバビロン。衝撃的な1話からそれを上回る3話を終えてとうとう4話が放送。実質的2話であるバビロン4話の感想です。自殺がテーマ?と思えますがきっとそれも1つのスパイスに過ぎないでしょう。また新キャラクタ『瀬黒陽麻』も気になりますね。5分で読めるバビロンの感想と考察でアニメを一緒に楽しみましょう!

バビロンをまだ見ていないという方はこちらがオススメ!

【オタクは見ないと損】超問題作アニメバビロン感想【3話までが1話】
オタクを自称するならバビロンは見てますよね?え、まだバビロン見てないの?それでもオタクですか?アニメバビロンは見ないと損をしますよ。さきの読めない急展開。豪華声優陣。1話を見ればあなたも夢中になること間違いなし!そんなバビロンがどんな作品かネタバレなしでまとめました。

バビロンの原作は小説です!

スポンサーリンク

バビロン5話感想

バビロン5話の感想をざっくりまとめるとこんな感じです

  • 曲世愛の過去(中学時代)
  • 正崎の正義の変化
  • 齋開化がテレビ出演を宣言
  • 筒井警部補の死(自殺)

ではそれぞれを振り返っていきます!

曲世愛の衝撃的な過去(中学時代)

5話の半分がこの曲世愛の過去についてでした。

曲世の情報をつかもうと正崎たちがやってきたのは京都・山科。

新幹線

そこにいたのは曲世の叔父。名前は坂部蔵主(さかべくらうず)。精神科医です。

この坂部の兄の娘が曲世愛になります。

曲世愛は「悪い子」

まず「曲世」という姓は母方の姓なので曲世愛の父親は婿養子です。そして曲世愛はその両親の養子ということが判明。

曲世の両親

つまり出生に関しては謎のまま。もう妖怪か何かなんですかね←

そんな曲世の中学時代ですが叔父の坂部いわく「悪い子」。なぜ悪い子なのか。それは曲世愛が起こしたとある事件を知れば分かります。

その事件とは中学3年生の曲世のクラスメイト7人が「曲世愛に犯された」と証言したのです。そう、彼女に強姦されたと。

その報告を受けて坂部は生徒7人と曲世愛を精神診断することになります。

曲世を診断する坂部

曲世愛は中学時代から男を狂わせていた

犯されたと言いましたが曲世は実際にクラスメイトに触れてすらいません。唯一したのは「話をしたこと」。ただ会話をしただけなのになぜ生徒たちは「犯された」と証言したのか。

それは坂部いわく「15歳の曲世愛が過度に過当に限度を超えて魅惑的であったから」とのこと。

中学時代の曲世愛

また身体的なものだけではなく、声、しぐさ、めつきまでもが男を欲情させるようです。例えるならば「耳元で拡声器を使って怒鳴り散らされるように(曲世)愛が自分の中に入ってくる」感覚だと。

それはまさに強姦──というのが15歳の曲世愛を診断した坂部(おじさん)の感想です。大人の坂部(しかも叔父)ですら15歳の少女に欲情させられてしまうほど曲世愛はやばい女でした。

微笑む曲世愛

ですが具体的に曲世が何かをしたわけではありません。曲世はただ会話をしていただけ。なので曲世愛はその事件で罪に問われていません。

今思えば曲世愛はその時から拘束しておくべき危険人物であったことが分かりますww

正崎の正義の変化

バビロン5話で正崎の正義が彼の口から具体的に語られました。

瀬黒が「あなたにとって、正義とはなんですか?」と正崎にたずねると彼はこう答えます。

「──分からない。正義とはなんなのか俺にはそれがまだ分からない。これが〝善〟でこれが〝悪〟だと言えるだけの根拠にたどり着けていない。
だが、分かっていないはずなのにそれでも正しいと信じていることがある。
──正しいとは何かを考え続けることだ。たとえいつか答えにたどり着いたとしてもそこで考えるのをやめないことだ。正義とは何かを掴んだと思った後も正義とは何かをずっと、永遠に問い続けることだ。正義というのはきっとそういうものなんだ」
正義を語る正崎
とても長い台詞ですが一言でまとめるなら正義とは「正しいとは何かを考え続けること」でしょう。まるで過去の正崎に自分で言っているかのようなこの台詞、名言です。
また、正崎の中で悪であったはずの自殺が容認されるかもしれないこの世界で彼自身柔軟な姿勢で向き合おうとしているのかもしれませんね。
改めてですが中村悠一さんめちゃめちゃいい声です←

齋開化がテレビ出演を宣言

行方をくらましていた齋ですが域議選挙まで3日にせまったところでテレビ出演を宣言しました。齋はテレビで何をしたいのか。それは公開討論です。

齋開化の紹介イラスト

選挙の投票日の前日に生放送で全国に放送される自殺法賛成派の代表として出席するとのこと。討論の議題はもちろん自殺法について。

もしもですがその討論の場で自殺反対派の人たちを自殺に誘導できたらどうでしょう。バビロンの世界が大変なことになりそうです。

しかもその様子が生放送で全国に放送されたら・・・見ている人はどうなるのか。3話の再現がされてしまうのでしょうか。

筒井警部補の自殺

「筒井って誰や」と思う方もいるでしょう。こちらの方です。

筒井警部補

「齋がやってくるその時に向けて罪状を確保するぞ!」と、やる気になっていたところで新たな犠牲(自殺)者が出ました。

自殺したのは筒井警部補。彼は正崎の命令で曲世愛をマークしていました。なので「絶対いつか死ぬやろな」と思っていましたがやはり・・・。

死んだ筒井の口元はうっすら笑っているようにも見えるのでやはり曲世に狂わされたのでしょう。

せめて何かヒントを残してくれていると筒井が報われるのですがね。

バビロン5話感想 まとめ

  • 曲世愛は中学時代から男を狂わせていた
  • 正義とは正しいとは何かを考え続けること
  • 曲世愛に近づくのは危険

バビロンは上下で漫画版も発売中です!

一言

バビロン5話で曲世に近づいたら危険と再認識させられました。彼女の過去を見ても男性は近づいちゃダメです。となると瀬黒がキーになるんでしょうかね(7話?見てないですよ)。

相変わらず今後も先が読めませんw 6話の感想はこちら!

バビロン6話感想。自殺法討論まとめ。あなたは支持?不支持?衝撃的な伏線回収
テレビアニメバビロン6話の感想をまとめていきます。齋開化逮捕へという流れでしたがいきなり捜査本部にも変化が。また公開テレビ討論での自殺法の肯定派と否定はの意見もまとめました。野丸さんの名演説は必見です。そして1話、3話に続きまたしても衝撃的なエンディングと伏線回収。バビロンやばいアニメです。
タイトルとURLをコピーしました